コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二本松山古墳 にほんまつやまこふん

2件 の用語解説(二本松山古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんまつやまこふん【二本松山古墳】

福井県吉田郡松岡町吉野堺に所在する。円墳とされていたが,現在では前方後円墳とする説が強い。九頭竜川福井平野に入る地点の南岸,標高273mの二本松山頂上に南西面して築かれる。墳端の位置は明確でないが,全長90mを測るという。葺石(ふきいし)を欠き,埴輪を有する。享保年間(1716‐36)に密掘し,後円部から石棺をとりだした。そのおり甲冑,人骨などがあったと伝えるが,1880年の再発掘では,玉類など少量の遺物が出土したにとどまる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の二本松山古墳の言及

【福井[市]】より

…福井平野の中央に位置する福井県の県庁所在地。1889年市制。人口25万5604(1995)。古くは北ノ庄と称した。現市街の形成は1575年(天正3)柴田勝家が足羽(あすわ)川北岸の自然堤防上に北ノ庄城(本丸跡は現在の柴田神社といわれる)を築城したことに始まるが,1600年(慶長5)に入り結城秀康が城を改築して現在の県庁のところに本丸を移し,城下町を拡大した。大名ロータリー周辺の現在の中心街はもと城郭内で,濠を幾重にもめぐらした堅固な構えであった。…

※「二本松山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二本松山古墳の関連キーワード福井県吉田郡永平寺町松岡春日福井県吉田郡永平寺町松岡上吉野福井県吉田郡永平寺町松岡椚福井県吉田郡永平寺町松岡窪福井県吉田郡永平寺町松岡島福井県吉田郡永平寺町松岡室福井県吉田郡永平寺町松岡吉野福井県吉田郡永平寺町松岡吉野堺福井県吉田郡永平寺町吉波福井県吉田郡永平寺町吉峰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone