コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石棺 せっかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石棺
せっかん

サルコファギ sarcophagusともいう。死者を埋葬する石製。古代ギリシア・ローマでは,40日間,死体が腐敗して消滅するまで石棺に入れておいたと伝えられるが,死者を石製やテラコッタなどの棺に入れて埋葬することは,すでにエジプト新王国のトゥトアンクアメンに先例があり,身分の高い人物などを手厚く葬る方法であったのであろう。棺蓋や四周に彫刻や絵画のあるものも多い。日本でも弥生時代箱形石棺が,古墳時代に割竹形,舟形,家形,長持形などの石棺が用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せき‐かん〔‐クワン〕【石棺】

せっかん(石棺)1

せっ‐かん〔セキクワン〕【石棺】

石製の棺。日本では弥生時代に箱式のもの、古墳時代には箱式のほか、割り竹形・舟形・長持ち形・家形のものがある。
1986年に発生したチェルノブイリ原発事故で、炉心溶融を起こし爆発した4号炉からの放射性物質拡散を防止するために、応急措置として建設されたコンクリート建造物のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石棺【せっかん】

石製の棺。数個の石材を組み合わせた組合せ式石棺と,一つの石材を刳(くり)抜いた刳抜式石棺とがある。古代のエジプト,ギリシア,ローマでは刳抜式が用いられた。すぐれた浮彫をもつツタンカーメン王の石棺や〈アレクサンドロス〉の石棺が有名。
→関連項目支石墓木棺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

防府市歴史用語集の解説

石棺

 死者を入れるための石で作ったひつぎです。弥生・古墳時代の箱式石棺[はこしきせっかん]や古墳の中に置かれた家形石棺[いえがたせっかん]などがあります。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっかん【石棺】

死者を葬るのに用いられた石製の容器,あるいは構築物をさす。厳密には遺体を直接納める石製の容器をさすべきであるが,広く石棺と呼ばれているものの中には,遺体を入れた木棺を納める〈石槨(せつかく)〉,火葬骨や改葬骨を収納する〈石製蔵骨器〉,あるいは蔵骨器を入れる〈石櫃(せきひつ)〉など,本来は呼び分けられるべきものも含まれている場合が少なくない。また,箱式石棺(シスト)のごとく,土壙内に自然の板石を組み合わせただけで,多くの場合,底石もない小構築物も石棺と称されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきかん【石棺】

せっかん【石棺】

石でつくったひつぎ。日本では主に古墳時代に使用された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の石棺の言及

【石棺】より

…死者を葬るのに用いられた石製の容器,あるいは構築物をさす。厳密には遺体を直接納める石製の容器をさすべきであるが,広く石棺と呼ばれているものの中には,遺体を入れた木棺を納める〈石槨(せつかく)〉,火葬骨や改葬骨を収納する〈石製蔵骨器〉,あるいは蔵骨器を入れる〈石櫃(せきひつ)〉など,本来は呼び分けられるべきものも含まれている場合が少なくない。また,箱式石棺(シスト)のごとく,土壙内に自然の板石を組み合わせただけで,多くの場合,底石もない小構築物も石棺と称されている。…

【棺】より

…原則的には直接遺骸を入れるものを指し,火葬や洗骨後の骨を納める蔵骨器と区別する。材質により,木棺,夾紵(きようちよ)棺,石棺陶棺などに,また形状によって,割竹形,舟形,家形,長持形などに分けられる。石棺と木棺が普遍的であり,これらはさらに組合せ式と刳抜(くりぬき)式に区別できる。…

※「石棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石棺の関連キーワードビラ・ジュリア国立美術館割り竹形石棺・割竹形石棺アレクサンドロス石棺石棺(せっかん)石棺(せきかん)聖徳太子の墓津堂城山古墳刳抜き式石棺サルコファギ塔の首遺跡小営子遺跡三ッ城古墳カタコンベ木綿原遺跡金鈴塚古墳松ヶ谷古墳横口式石棺長持形石棺割竹形石棺徳連場古墳

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石棺の関連情報