コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条教定 にじょうのりさだ

3件 の用語解説(二条教定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二条教定
にじょうのりさだ

[生]?
[没]文永3(1266).4.8. 鎌倉
鎌倉時代の公卿,歌人。飛鳥井 (あすかい) 氏。父は雅経。母は大江広元の娘。正三位,左兵衛督。鎌倉に在住して,将軍九条頼経,頼嗣,宗尊親王に仕えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

二条教定

没年:文永3.4.8(1266.5.14)
生年:生年不詳
鎌倉中期の公家。藤原頼経・頼嗣,宗尊親王の3代の将軍に仕えた関東祗候の廷臣。飛鳥井雅経の子。母は,大江広元の娘。飛鳥井家は,蹴鞠,和歌を家学とした。北条実時の娘を妻に迎え,雅有が生まれる。また,妹が安達義景に嫁ぐ。侍従,少将,中将,右兵衛督を経て,建長5(1253)年に従三位に叙された。正嘉2(1258)年正三位に昇る。文応1(1260)年,左兵衛督。教定の日記は,『吾妻鏡』編纂の史料に使われた。<参考文献>益田宗「所謂吾妻鏡断簡について」(『日本歴史』179号)

(永井晋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

二条教定の関連キーワードナポリ王国パートタイム労働者戦争孤児衡山神学大全吾妻鏡神奈川シチリアの晩鐘宗尊親王蓮華王院

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone