コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九条頼経 くじょうよりつね

6件 の用語解説(九条頼経の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九条頼経
くじょうよりつね

[生]建保6(1218).1.16. 京都
[没]康元1(1256).8.11. 京都
鎌倉幕府4代将軍 (在職 1226~44) 。関白九条道家の子。母は西園寺公経の娘倫子。幼名三寅。3代将軍源実朝の死後,幕府の要請により2歳のとき鎌倉に下り,嘉禄2 (26) 年征夷大将軍。しかし,執権北条経時との関係が険悪化して寛元2 (44) 年将軍職を解任され,翌年出家して法名を行賀と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くじょう‐よりつね〔クデウ‐〕【九条頼経】

[1218~1256]鎌倉幕府第4代将軍。在職、1226~1244。第1代摂家将軍道家の子。源頼朝の遠縁にあたるため将軍に迎えられたが、北条氏の独裁下で形式上の将軍にすぎず、子頼嗣に将軍職を譲ったのち出家、不遇のうちに没した。藤原頼経

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

九条頼経【くじょうよりつね】

藤原頼経

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九条頼経 くじょう-よりつね

1218-1256 鎌倉幕府4代将軍。在職1226-44。
建保(けんぽ)6年1月16日生まれ。九条道家の子。母は藤原綸子(りんし)。承久(じょうきゅう)元年3代将軍源実朝(さねとも)の死後,頼朝の遠縁のため鎌倉にまねかれ,嘉禄(かろく)2年将軍となる。寛元2年27歳のとき,執権北条経時により子の頼嗣(よりつぐ)に将軍職をゆずらされて出家。2年後,執権北条時頼に反した嫌疑で京都に送還された(宮騒動)。建長8年8月11日死去。39歳。幼名は三寅丸。法名は行智(賀)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

くじょうよりつね【九条頼経】

1218~1256) 鎌倉幕府四代将軍。関白道家の子。1226年、七歳で摂家将軍として迎えられた。44年その子頼嗣に将軍職を譲り、翌年出家。藤原頼経。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

九条頼経
くじょうよりつね
(1218―1256)

鎌倉幕府第4代将軍。関白道家(みちいえ)の四男。母は西園寺公経(さいおんじきんつね)の女(むすめ)倫子。幼名三寅(みとら)。1219年(承久1)3代将軍源実朝(さねとも)が暗殺されて源氏の正統が絶えたため、頼朝(よりとも)の遠縁(祖母が頼朝の姪(めい))のゆえをもって鎌倉に迎えられ、25年(嘉禄1)元服して頼経と名のり、翌年将軍に任じ、30年(寛喜2)2代将軍頼家(よりいえ)の遺子鞠子(竹御所)と結婚したが、幕府の実権は執権北条氏が握っていて頼経は名目上の将軍にすぎず、しかも長期の在職によって御家人(ごけにん)との間が親密になるのを恐れた北条氏によって、44年(寛元2)将軍職を子頼嗣(よりつぐ)に譲らされた。その後も鎌倉にとどまって大殿(おおとの)とよばれ、翌年出家したが、なお隠然たる勢力を有したため、北条氏によって46年5月京都に送還せられ、建長(けんちょう)8年8月11日不遇のうちに没した。[新田英治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の九条頼経の言及

【九条家】より

藤原氏北家の嫡流,五摂家の一つ。家号は始祖兼実の殿第に由来するが,また九条の坊名にちなんで陶化ともいう。平安時代後期に入って,摂政・関白と氏長者の地位は藤原道長の子孫御堂流の嫡流に定着したが,源頼朝は平家を討滅すると,平家と縁故の深い摂政近衛基通をしりぞけ,基通の叔父に当たる兼実を摂政,氏長者に推挙した。兼実はその後,土御門通親との権力争いに敗れて失脚したが,通親の没後,兼実の男良経が摂政となり,九条家の分立を確実にした。…

【摂家将軍】より

…鎌倉中期,摂関家出身の将軍で,九条頼経・頼嗣父子を指し,藤原将軍ともいわれる。1219年(承久1)将軍源実朝が暗殺されて後,左大臣九条道家の子の三寅が,源頼朝の遠縁にあたるという理由で,将軍として鎌倉に迎えられた。…

【藤原頼経】より

…鎌倉幕府の第4代将軍。摂政九条道家の子。母は太政大臣西園寺公経の娘綸子。公経の妻全子,すなわち頼経の外祖母は源頼朝の姪。幼名三寅。1219年(承久1)3代将軍源実朝が殺され,源氏の正統が絶えたため,頼朝の遠縁にあたる頼経が鎌倉に迎えられた。25年(嘉禄1)元服,翌年征夷大将軍に任ぜられ(摂家(せつけ)将軍),30年(寛喜2)源頼家の娘竹御所を妻とした。頼経が長く鎌倉にとどまり,御家人(ごけにん)とも親密となり,執権勢力に対抗するようになると,これを恐れた執権北条経時は,44年(寛元2)頼経に迫って将軍職を子の頼嗣に譲らせた。…

※「九条頼経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

九条頼経の関連キーワード鎌倉御所九条頼嗣守邦親王鎌倉殿康元赤橋登子一条実雅河越重房長尾景煕六角泰綱

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone