コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井教定 あすかい のりさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井教定 あすかい-のりさだ

1210-1266 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
承元(じょうげん)4年生まれ。飛鳥井雅経(まさつね)の子。母は大江広元の娘。文応元年左兵衛督(さひょうえのかみ)となる。正三位。鎌倉の九条頼経(よりつね),九条頼嗣(よりつぐ),宗尊(むねたか)親王の3代の将軍につかえ,蹴鞠(けまり),和歌を指導した。歌は「続後撰(しょくごせん)和歌集」などにある。文永3年4月8日死去。57歳。姓は別に藤原,二条。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

飛鳥井教定の関連キーワード飛鳥井雅有藤原教定二条教定二条為世鎌倉時代定為承元

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android