コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次富化帯 にじふかたい secondary (supergene) enriched zone

1件 の用語解説(二次富化帯の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にじふかたい【二次富化帯 secondary (supergene) enriched zone】

地表に露出した鉱石中の金属成分が雨水により溶脱されて下降し,地下水面下で再沈殿してもとの鉱石より高品位になった部分。乾燥地域の銅や銀の硫化物鉱床によくみられる。この作用で大規模な高品位鉱石を生じるには,地下水の動きの少ない安定した地下水面があることと,浸食速度が遅いことが必要である。したがって二次富化帯は乾燥ないし半乾燥地域でよく発達する。この作用は低品位鉱床において特に重要で,アメリカ南西部,南アメリカなどの斑岩銅鉱床ではかつては二次富化帯のみが採掘の対象とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の二次富化帯の言及

【残留鉱床】より

…日本にはボーキサイト鉱床はなく,インドネシア,オーストラリアなどから輸入している。鉱床の上部で風化により有用な金属が濃集する二次富化帯も残留鉱床の一種である。 水によって分解されにくい鉱物は風化・浸食の過程でしだいに残留,濃集する。…

※「二次富化帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二次富化帯の関連キーワード鉱脈残留鉱床精鉱断層崖品位露頭海底熱水鉱床食わず芋裂傷脈白華現象

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone