コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次富化帯 にじふかたいsecondary (supergene) enriched zone

世界大百科事典 第2版の解説

にじふかたい【二次富化帯 secondary (supergene) enriched zone】

地表に露出した鉱石中の金属成分が雨水により溶脱されて下降し,地下水面下で再沈殿してもとの鉱石より高品位になった部分。乾燥地域の銅や銀の硫化物鉱床によくみられる。この作用で大規模な高品位鉱石を生じるには,地下水の動きの少ない安定した地下水面があることと,浸食速度が遅いことが必要である。したがって二次富化帯は乾燥ないし半乾燥地域でよく発達する。この作用は低品位鉱床において特に重要で,アメリカ南西部,南アメリカなどの斑岩銅鉱床ではかつては二次富化帯のみが採掘の対象とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の二次富化帯の言及

【残留鉱床】より

…日本にはボーキサイト鉱床はなく,インドネシア,オーストラリアなどから輸入している。鉱床の上部で風化により有用な金属が濃集する二次富化帯も残留鉱床の一種である。 水によって分解されにくい鉱物は風化・浸食の過程でしだいに残留,濃集する。…

※「二次富化帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

二次富化帯の関連キーワードプロトオアコベリン斑銅鉱富鉱体輝銅鉱地表