コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二畳台 ニジョウダイ

デジタル大辞泉の解説

にじょう‐だい〔ニデフ‐〕【二畳台】

歌舞伎大道具の一。畳二畳ほどの広さの台。ふつう8寸(約24センチ)くらいの高さで、高位の武将、公家の座などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にじょうだい【二畳台】

歌舞伎用大道具の一。畳二畳ぐらいの平台。時代物で官位の高い公卿・大将などが座る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二畳台の言及

【歌舞伎】より

…尺高と常足は武家屋敷の広間や民家の上段,中足は民家の床,高足は陣屋や〈天王建(てんのうだて)〉といわれる御殿の床などに多く使われる。 二畳台(にじようだい)大道具。おもに能様式の演目で貴人,変化(へんげ)などの座を象徴的に表す二畳大の台。…

※「二畳台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

二畳台の関連キーワード慈光院茶室堀内仙鶴茶室一覧慈光院長生庵真珠庵時代物半床庵東陽坊官位平台茶室

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android