コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二畳台 ニジョウダイ

デジタル大辞泉の解説

にじょう‐だい〔ニデフ‐〕【二畳台】

歌舞伎大道具の一。畳二畳ほどの広さの台。ふつう8寸(約24センチ)くらいの高さで、高位の武将、公家の座などに用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にじょうだい【二畳台】

歌舞伎用大道具の一。畳二畳ぐらいの平台。時代物で官位の高い公卿・大将などが座る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の二畳台の言及

【歌舞伎】より

…尺高と常足は武家屋敷の広間や民家の上段,中足は民家の床,高足は陣屋や〈天王建(てんのうだて)〉といわれる御殿の床などに多く使われる。 二畳台(にじようだい)大道具。おもに能様式の演目で貴人,変化(へんげ)などの座を象徴的に表す二畳大の台。…

※「二畳台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二畳台の関連情報