コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春永 ハルナガ

デジタル大辞泉の解説

はる‐なが【春永】


㋐日が長く感じられる春の季節。
「そこにはいつものどかな―の空気があった」〈寅彦・亮の追憶〉
㋑特に年始に、末永いことを祝う語。 新年》「―といふやことばのかざり縄/立圃」
《いずれ春の日の長い季節になったらの意から》いつかひまな時。多く「はるながに」の形で副詞的に用いる。
「(返済ハ)いずれ―にと云う事になって」〈百閒・特別阿房列車〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はるなが【春永】

春の、日の長く感じられること。ながい春の日。また、祝意を込めて新春・正月のことをいう。
(多く「春永に」の形で副詞的に用いて)いずれゆっくりした時。いずれまた、日を改めて。 「てめえの話は-に聞かう/洒落本・通人の寝言」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

春永の関連キーワード祇園祭礼信仰記木下蔭狭間合戦時桔梗出世請状絵本太功記加藤勝助川辺豊穂加藤景春珍賓長洒落本

春永の関連情報