春永(読み)はるなが

精選版 日本国語大辞典「春永」の解説

はる‐なが【春永】

〘名〙
① 昼間の長い春の季節。多く年の初めを末長くと祝っていう語。日なが。永日。永陽。《季・新年‐春》
※俳諧・犬子集(1633)一「春永といふやことばのかざり縄〈親重〉」
② (多く「に」を伴って副詞的に用いる。春の、日の長い季候になったらの意から) いつかひまな時。またの機会。
※天理本狂言・米市(室町末‐近世初)「我人、いそがわしい時分じゃ、いんではるながに、おりゃれと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「春永」の解説

はる‐なが【春永】


㋐日が長く感じられる春の季節。
「そこにはいつものどかな―の空気があった」〈寅彦・亮の追憶〉
㋑特に年始に、末永いことを祝う語。 新年》「―といふやことばのかざり縄/立圃」
《いずれ春の日の長い季節になったらの意から》いつかひまな時。多く「はるながに」の形で副詞的に用いる。
「(返済ハ)いずれ―にと云う事になって」〈百閒・特別阿房列車〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android