コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二股大根 フタマタダイコン

デジタル大辞泉の解説

ふたまた‐だいこん【二股大根】

根の途中から二つに分かれている大根。大黒天に供える。
紋所の名。1を図案化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたまただいこん【二股大根】

途中から二股に分かれている大根。大黒天の供物とした。
家紋の一。を図案化したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二股大根の言及

【ダイコン(大根)】より

…これは大根が神祭の重要な食品であり,大根畑は霊界に近い神の出現する神聖な場所と見なされていたことを示している。北九州では,稲の収穫祭である霜月の丑の日の前日に大黒祭が行われ,二股大根を箕(み)にのせ,供物をして祭っている。奥能登のアエノコトでも,二股大根を田の神として丁重に扱う風がある。…

※「二股大根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二股大根の関連キーワード甲子待ち子祭紋所二つ大根供物家紋二股

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二股大根の関連情報