コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二股大根 フタマタダイコン

2件 の用語解説(二股大根の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふたまた‐だいこん【二股大根】

根の途中から二つに分かれている大根。大黒天に供える。
紋所の名。1を図案化したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の二股大根の言及

【ダイコン(大根)】より

…これは大根が神祭の重要な食品であり,大根畑は霊界に近い神の出現する神聖な場所と見なされていたことを示している。北九州では,稲の収穫祭である霜月の丑の日の前日に大黒祭が行われ,二股大根を箕(み)にのせ,供物をして祭っている。奥能登のアエノコトでも,二股大根を田の神として丁重に扱う風がある。…

※「二股大根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二股大根の関連情報