二股大根(読み)フタマタダイコン

デジタル大辞泉の解説

ふたまた‐だいこん【二股大根】

根の途中から二つに分かれている大根。大黒天に供える。
紋所の名。1を図案化したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたまただいこん【二股大根】

途中から二股に分かれている大根。大黒天の供物とした。
家紋の一。を図案化したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二股大根の言及

【ダイコン(大根)】より

…これは大根が神祭の重要な食品であり,大根畑は霊界に近い神の出現する神聖な場所と見なされていたことを示している。北九州では,稲の収穫祭である霜月の丑の日の前日に大黒祭が行われ,二股大根を箕(み)にのせ,供物をして祭っている。奥能登のアエノコトでも,二股大根を田の神として丁重に扱う風がある。…

※「二股大根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android