コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲子 カッシ

8件 の用語解説(甲子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かっ‐し【甲子】

干支(えと)の一。こうし。きのえね。
《「甲」は十干の、「子」は十二支の第1に位するところから》十干十二支のこと。えと。

きのえ‐ね【子】

干支(えと)の1番目。かっし。こうし。

こう‐し〔カフ‐〕【甲子】

干支(えと)の1番目。きのえね。かっし。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

甲子【きのえね】

十干の初めの甲と十二支の初めの子が合する年または日。〈かっし〉とも。年の干支は60年目に一巡するので,60年を一甲子ともいう。甲子の夜に大黒天をまつり,甲子待と称して来福を願った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かっし【甲子】

〔「こうし」とも〕
干支えとの第一番目のもの。きのえね。
干支のこと。

きのえね【甲子】

干支えとの第一番目。かっし。 → 干支えと

こうし【甲子】

干支えとの一。きのえね。かっし。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甲子
きのえね

十干(じっかん)の甲と十二支の子(ね)にあたる年月日をいう。大黒天の縁日とされ、甲子の夜、子の刻まで起きていて大黒天を祀(まつ)るのを甲子祭と称している。甲子待(まち)ともいい大豆、黒豆、二股(ふたまた)大根を供えて大黒様を祀る。こうすると現世の福を得られるという。『日次紀事(ひなみきじ)』によると、一年中六甲子の夜、禁裏では子(ね)(大黒天)を祀ったという。民間では、甲子ごとに灯心を買うのを子灯心というとある。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲子の関連情報