甲子(読み)カッシ

  • ▽甲▽子
  • ▽甲子
  • きのえね
  • こうし カフ‥
  • こうし〔カフ〕

百科事典マイペディアの解説

十干の初め十二支の初めの子が合する年または日。〈かっし〉とも。年の干支は60年目に一巡するので,60年を一甲子ともいう。甲子の夜に大黒天をまつり,甲子待と称して来福を願った。またこの夜男女の交わりを忌む風習もあった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十干(じっかん)の甲と十二支の子(ね)にあたる年月日をいう。大黒天の縁日とされ、甲子の夜、子の刻まで起きていて大黒天を祀(まつ)るのを甲子祭と称している。甲子待(まち)ともいい大豆、黒豆、二股(ふたまた)大根を供えて大黒様を祀る。こうすると現世の福を得られるという。『日次紀事(ひなみきじ)』によると、一年中六甲子の夜、禁裏では子(ね)(大黒天)を祀ったという。民間では、甲子ごとに灯心を買うのを子灯心というとある。

[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 十干と十二支とを組み合わせたものの第一番目。きのえね。→干支(えと)。〔書経‐武成〕
② 干支(えと)の称。転じて、年齢、歳月。
※和漢朗詠(1018頃)下「年長(た)けては毎(つね)に労(いたは)しく甲子を推す、夜寒くしては初めて共に庚申を守る〈許渾〉」 〔許渾‐送宋処士帰山詩〕
〘名〙
① 十干と十二支を組み合わせたものの第一番目。物事のはじまりとして重んじられ、この日にはさまざまな行事が行なわれた。また、この日やどった子は盗人になるという俗説もあり、庚申と同じく、夫婦関係をつつしむ日とされる。こうし。かっし。→干支(えと)
※草根集(1473頃)四「春はけふきのえ子の日にあひにあひて松も千年の初とそしる 正月一日今日甲子の日なり」
※雲形本狂言・大黒連歌(室町末‐近世初)「今日は甲子(キノエネ)でござる程に、相替らずまつらうと存る」
〘名〙 十干と十二支とを組み合わせたものの第一番目。きのえね。かっし。→干支(えと)
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「癸亥甲子(カフシ)の両度の変に」 〔呂覧‐勿躬〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android