二重まぶた(読み)ふたえまぶた

百科事典マイペディアの解説

二重まぶた【ふたえまぶた】

上まぶたの縁近くに縁に平行な溝があって,まぶたが2重に見えるもの。白色人種や黒色人種はほとんど二重まぶた。黄色人種では溝のない一重まぶたの頻度(ひんど)が増す。溝があってもその位置が低く,外見上2重に見えないものを偽一重まぶたといい,これを含めると日本人では半数近くが一重まぶたである。
→関連項目まぶた(瞼)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二重まぶたの関連情報