二重まぶた(読み)ふたえまぶた

百科事典マイペディアの解説

二重まぶた【ふたえまぶた】

上まぶたの縁近くに縁に平行な溝があって,まぶたが2重に見えるもの。白色人種や黒色人種はほとんど二重まぶた。黄色人種では溝のない一重まぶたの頻度(ひんど)が増す。溝があってもその位置が低く,外見上2重に見えないものを偽一重まぶたといい,これを含めると日本人では半数近くが一重まぶたである。
→関連項目まぶた(瞼)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二重まぶたの関連情報