黄色人種(読み)おうしょくじんしゅ

精選版 日本国語大辞典「黄色人種」の解説

おうしょく‐じんしゅ ワウショク‥【黄色人種】

〙 皮膚の色により分類された人種総称。アジア大陸に大部分が分布。形態的特徴として、黄色の皮膚、直毛、少ない体毛、短頭、平面的顔面、蒙古ひだなどがある。南北アメリカのアメリカインディアンもこれに属する。
※読売新聞‐明治三三年(1900)九月二五日「東洋に利害の関係を有するものは黄色人種のみに限らずして」

こうしょく‐じんしゅ クヮウショク‥【黄色人種】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「黄色人種」の解説

黄色人種
おうしょくじんしゅ
yellow race

モンゴロイドの俗称。人種区分は皮膚の色だけによるものではないから、専門用語としてはこの語は不適当であるが、伝統的な用語として広く用いられている。

[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黄色人種の言及

【モンゴロイド大人種】より

…四大人種の一つ。黄色人種,アジア人種と呼ばれることもあるが,皮膚の色は明色から濃褐色まであり,アメリカ大陸原住民(アメリカ・インディアン)もこの大人種にはいる。寡毛,直毛,短頭,頰骨の突出,蒙古襞(ひだ)や蒙古斑の存在,血液型もB型が多くRh-が少ないなどが顕著な人種特徴である。…

※「黄色人種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android