五ケ瀬の荒踊

デジタル大辞泉プラスの解説

五ケ瀬の荒踊

宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町に伝わる民俗芸能。三ヶ所神社の9月の例祭で披露される。槍、鉄砲、長刀などを手に武者装束で舞う勇壮な舞で、16世紀末(天正年間)より伝わるものとされる。踊りはじめの「出は(出陣)」と、最後の「入りは(帰陣)」の演目では、火縄銃が撃ち放たれる。1987年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android