長刀(読み)なぎなた

日本文化いろは事典「長刀」の解説

長刀

「長」または「薙刀」と書いて”なぎなた”と読みます。そのが表すように「長い刀で相手を薙ぎ倒す」武道です。しかし現在は相手を倒すことが目的ではなく、心身ともに調和を取るということを目的としています。なぎなたの競技者は主に女子が主流となっています。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

デジタル大辞泉「長刀」の解説

なぎ‐なた【長刀/×刀/眉刀】

長い柄の先に反り返った長い刃をつけた武器。また、それを使う武術。平安後期の後三年の役のころから室町中期まで多く用いられた。戦国時代以後、やりが多く用いられるようになり、江戸時代には主に女性の武具とされた。
長刀草履」の略。
[類語]けんつるぎ刀剣太刀大刀たち大刀だいとう小刀しょうとう名刀宝刀軍刀牛刀日本刀青竜刀サーベル銃剣手裏剣真剣短刀懐刀ふところがたな懐剣脇差し小柄匕首あいくちどす人斬り包丁快刀業物木刀木剣木太刀竹光

なが‐がたな【長刀】

《「ながかたな」とも》刀身の長い刀。

ちょう‐とう〔チヤウタウ〕【長刀】

長い刀。
薙刀なぎなた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「長刀」の解説

ちょう‐とう チャウタウ【長刀】

〘名〙
① 長い刀。大刀。〔宋書‐武帝〕
② 薙刀(なぎなた)
※浮世草子・鬼一法眼虎の巻(1733)一「夢中に授り給ふ白銀の蛭巻したる長刀(チャウタウ)にてぞあらん」

なが‐かたな【長刀】

〘名〙 (「なががたな」とも) 刀身の長い刀。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕
※古今著聞集(1254)一二「どう腹巻に、左右こてさして、長刀をもちたりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android