長刀(読み)チョウトウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐とう〔チヤウタウ〕【長刀】

長い刀。
薙刀(なぎなた)。

なが‐がたな【長刀】

《「ながかたな」とも》刀身の長い刀。

なぎ‐なた【長刀/×刀/眉刀】

長い柄の先に反り返った長い刃をつけた武器。また、それを使う武術。平安後期の後三年の役のころから室町中期まで多く用いられた。戦国時代以後、槍(やり)が多く用いられるようになり、江戸時代には主に女性の武具とされた。
長刀草履」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

長刀

「長刀」または「薙刀」と書いて”なぎなた”と読みます。その字が表すように「長い刀で相手を薙ぎ倒す」武道です。しかし現在は相手を倒すことが目的ではなく、心身ともに調和を取るということを目的としています。なぎなたの競技者は主に女子が主流となっています。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐とう チャウタウ【長刀】

〘名〙
① 長い刀。大刀。〔宋書‐武帝〕
② 薙刀(なぎなた)
※浮世草子・鬼一法眼虎の巻(1733)一「夢中に授り給ふ白銀の蛭巻したる長刀(チャウタウ)にてぞあらん」

なが‐かたな【長刀】

〘名〙 (「なががたな」とも) 刀身の長い刀。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕
※古今著聞集(1254)一二「どう腹巻に、左右こてさして、長刀をもちたりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長刀の関連情報