長刀(読み)チョウトウ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐とう〔チヤウタウ〕【長刀】

長い刀。
薙刀(なぎなた)。

なが‐がたな【長刀】

《「ながかたな」とも》刀身の長い刀。

なぎ‐なた【長刀/×刀/眉刀】

長い柄の先に反り返った長い刃をつけた武器。また、それを使う武術。平安後期の後三年の役のころから室町中期まで多く用いられた。戦国時代以後、槍(やり)が多く用いられるようになり、江戸時代には主に女性の武具とされた。
長刀草履」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本文化いろは事典の解説

長刀

「長刀」または「薙刀」と書いて”なぎなた”と読みます。その字が表すように「長い刀で相手を薙ぎ倒す」武道です。しかし現在は相手を倒すことが目的ではなく、心身ともに調和を取るということを目的としています。なぎなたの競技者は主に女子が主流となっています。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長刀の関連情報