コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五代史平話 ごだいしへいわWǔ dài shǐ píng huà

世界大百科事典 第2版の解説

ごだいしへいわ【五代史平話 Wǔ dài shǐ píng huà】

中国の長編歴史小説。宋代(960‐1279)の講談では三国史と並んで五代(10世紀前半)の軍談が主要な演目となっていたが,この本はその筆録と思われる。1901年に発見され宋版と称されたが,実際は元版であろう。原本は失われ覆刻のみ伝わる。梁・唐・晋・漢・周各上下2巻,計10巻より成るが梁史と漢史の下巻が欠けている。内容は史実を踏まえつつ,部分的に当時の民間伝説や講釈師粉飾とおぼしき個所を含んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五代史平話の関連キーワード講史書白兎記平話講史

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android