コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋版/宋板 ソウハン

4件 の用語解説(宋版/宋板の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐はん【×宋版/×宋板】

中国の代に出版された書籍。造本校勘ともにすぐれたものとして有名。その字体を宋朝体という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

宋版【そうはん】

宋本,宋刊とも。中国の宋代(10―13世紀)に印刷刊行された図書。中国歴代の刊行物の中でも誤字が少なく印刷がみごと。歴史書,医書,経書,受験準備書など多方面にわたる。
→関連項目元版明版

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋版
そうはん

中国の宋代(960~1279)に出版された図書。宋板、宋本、宋刊本、宋槧(そうざん)本ともいう。当時の出版は木版印刷であった。中国における出版は宋代から盛んに行われるようになったので、宋版は多くの古典のもっとも古い出版物であり、もっとも古い本文を伝えている。また、宋版は文字が雄勁(ゆうけい)で美しく、版木彫刻の技術が精巧であり、文字の校正は厳密で誤字が少なく、用紙も優れている。宋版は以上の諸理由に加えて希少価値も高いので、学術研究資料として尊重され、また鑑賞の対象として愛蔵されている。宋版の内容は経書、史書、医書、詩文集等が多く、大蔵経もしばしば出版された。宋版は中央・地方の官庁、個人の学者や官吏等によって出版されたほか、書店の営利出版も盛んに行われた。宋代に出版事業が盛んであったのは四川(しせん)、浙江(せっこう)、福建地方であった。現存する宋版の大部分は南宋時代の刊本で、北宋版はまれである。宋版の版木が元・明(みん)時代まで官庁に保存され、印刷された例もある。宋版に多い欧陽詢(おうようじゅん)風の字体は宋朝体活字とよばれており、現代の印刷にも用いられている。宋版は平安・鎌倉時代以後、留学僧や商船によってわが国に伝来し、寺院、大名、富豪、学者などによって収集、保存された。[福井 保]
『長澤規矩也著『書誌学序説』(1968・吉川弘文館) ▽長澤規矩也著『図解和漢印刷史』(1976・汲古書院) ▽『和漢書の印刷とその歴史』(『長澤規矩也著作集 巻二』所収・1982・汲古書院) ▽『宋元版の研究』(『長澤規矩也著作集 巻三』所収・1983・汲古書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

宋版

中国宋代(960-1279)の刊本.宋朝の時代は中国木版印刷黄金時代といわれる.宋版は,刻字,印刷の技術ともにきわめて精巧であるとともに,用紙,墨とも上質で,版面は高い芸術的風格を備えている.汴京(開封)に都を置いた宋は,金の侵入によって1127年臨安(杭州)に都を移したが,1127年までを北宋,それ以後を南宋と呼ぶ.金が北宋の都に侵入した際,そこにあった多くの版本が奪われたため,現存する北宋版本は少ない.鎌倉時代以降日本に伝えられた宋版の多くは南宋版本である.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の宋版/宋板の言及

【本】より

…印刷・出版は国子監(国立大学)で行い,ここで彼は,ほかにもいくつかの大出版を行った。
[宋版]
 宋代は商工業,貿易の発展を背景として,文化がおおいに興った時代である。唐代以来の木版印刷術の発達も宋代で完成され,印刷・出版事業は国を挙げて盛んになった。…

※「宋版/宋板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone