コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五分作法 ごぶんさほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五分作法
ごぶんさほう

インドの古い論理学において用いられる論式。五支作法ともいう。すなわち, pratijñā, hetu drstānta,合 upanaya, nigamanaの5つの論式のこと。たとえば次のようなものである。 (宗) 声は無常である。 (因) 因によって生じるがゆえに。 (喩) 瓦や器などのごとし。 (合) 瓦や器は因によってつくられ,無常である。声もまたかくのごとし。 (結)  このゆえに声は無常である。このうち合と結を省いた論式は,三支作法と呼ばれ,新しい論理学として用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ごぶんさほう【五分作法】

古代インドの論理学の論証形式。命題(宗)・理由(因)・実例(喩)・適用(合)・結論(結)と進む。論争から生み出された形式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の五分作法の言及

【インド哲学】より

…(3)ニヤーヤ学派 この派の特徴はニヤーヤすなわち論理学と認識論にあり,正しい知識根拠として,直接知,推理,類比,証言の4種を主張した。とくに推理を詳しく論じ,五論証肢から成る論式〈五分作法(ごぶんさほう)〉を発達させた。(4)バイシェーシカ学派 ニヤーヤ学派と密接な関係があり,実体,属性など六つの範疇を立てて現象界の構成を明らかにしようとし,原子論を説き,インドの自然哲学を代表する。…

【三段論法】より

…また,(4),(5),(6)の三段論法は,現代の命題論理におけるトートロジーの一部であると解釈される。判断論理学【岡部 満】
[インド]
 ニヤーヤ学派,バイシェーシカ学派は,〈他人のための推理〉(論証)に,五つの文からなる論式(五分作法)を用いる。例えば,主張〈かの山に火あり〉,理由〈煙の故に〉,実例〈およそ煙あるところには火あり。…

※「五分作法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

五分作法の関連キーワードウッディヨータカラインド哲学/用語ニヤーヤ学派論争因明命題適用実例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android