コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十狭茅宿禰 いさちのすくね

2件 の用語解説(五十狭茅宿禰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十狭茅宿禰 いさちのすくね

記・紀にみえる武人。
朝鮮外交に活躍した吉士(きし)(吉師)氏の祖。神功(じんぐう)皇后に反乱をおこした忍熊(おしくまの)皇子・麛坂(かごさかの)皇子方に,東国の兵をひきいる将軍として参加。敗れて近江(おうみ)で入水した。「古事記」では伊佐比宿禰。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

五十狭茅宿禰

吉士(吉志,吉師とも書く)氏の祖とされる人物。吉士氏は外交,水軍で活躍した氏族で,6~7世紀にかけて朝鮮との外交に名を残した。『日本書紀』によれば,神功皇后が新羅を征伐して,穴門の豊浦宮(下関)から瀬戸内海を通って都に凱旋したとき,香坂,忍熊の2王が謀反を企てた。イサチノスクネは2王の側について戦ったが,皇后側の大将武内宿禰の策略にかかって武装を解いたため,琵琶湖の近く,瀬田川に身を投げて死んだという。これは外交に活躍した氏族の祖先らしからぬ伝承で,吉士氏の衰退を暗示している。吉士氏は天武10(681)年に難波連の姓を賜った。

(西條勉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

五十狭茅宿禰の関連キーワード阿直岐吉志舞吉師部の楽吉士八思巴五十日足彦命宗知宗根鳥皇子羽田八代和珥武振熊

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone