コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五極管 ごきょくかんpentode

翻訳|pentode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五極管
ごきょくかん
pentode

遮蔽格子四極管の第2格子と陽極との間に低電位 (普通は陰極電位に等しくする) の第3格子 (抑制格子) を入れたもので,陽極からの二次電子を陽極に追返す作用をする。その結果,陽極特性は陽極電圧が遮蔽格子電圧より低い部分でも,異常を示さない。したがって,遮蔽格子四極管より動作範囲が広く,しかも四極管と同じように利得が高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の五極管の言及

【電子管】より

…次いでL.デ・フォレストが06年三極管を発明したが,これは人類が初めて作った能動素子(増幅作用のある素子)であり,今世紀前半の無線・有線通信や電子工学の大発展の直接の原因となった。さらに三極管を改善した四極管,五極管などが次々に発明され,このうち小型(小電力)のものは一般に真空管vacuum tubeと呼ばれ,ラジオ放送開始(日本で1925年)以後,受信機用として多く作られた。その後当初のナス形管から30年代ST管,40年代GT管,50年代以降mT管としだいに小型化された。…

※「五極管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

五極管の関連キーワードエレクトロニクス史(年表)B.ジュリアン トムソン電界効果トランジスタエレクトロニクスグリッド電子管受信管真空管三極管

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android