陰極(読み)いんきょく(英語表記)cathode

翻訳|cathode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陰極
いんきょく
cathode

カソードとも呼ばれる。電気分解の溶液や放電管では正電荷を集めて電源へ正電荷を送り返す電極真空管では加熱されて熱電子を放出する電極,電池では外部の負荷から正電荷が戻るほうの電極をいう。陽極と対をなす。電気分解における陰極では,金属の析出,水素の発生などの還元が起る。放電管では,放電を持続させるために陰極から電子を放出し,電離による正イオンを集める。乾電池では亜鉛の筒が陰極である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

陰極【いんきょく】

負極,カソードとも。日本では電位の高い側を陽極,低い側のものを負極とよんでいる。電気分解,気体放電などでは陽イオン(カチオン)が,電池では外部回路を正電気が,陰極へ向かって流れる。電子管の陰極は熱や光の作用で電子を放出する。→光電管熱陰極
→関連項目光電子増倍管複合管

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いんきょく【陰極】

一対の電極のうち、電位の低い方の電極。負の電極。マイナスの電極。電気分解や真空管の場合はカソードに相当する。現在では、電池の場合は負極と呼ぶことが多い。 ⇔ 陽極

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の陰極の言及

【電極】より

…電気化学系のアノードでは電極反応が酸化の方向に,カソードでは還元の方向に進行する。1対の電極のうち,電位の高いほう(より正の電位をもつ電極,すなわち正極)を陽極,電位の低いほう(より負の電位をもつ電極,すなわち負極)を陰極とよぶことも多いが,陽極とアノード,陰極とカソードは必ずしも対応するとは限らない。混乱をさけるためには陽極,陰極という語を用いないほうがよい。…

※「陰極」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android