コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二次電子 にじでんしsecondary electron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二次電子
にじでんし
secondary electron

高速電子 (一次電子という) が気体分子や固体に衝突したとき新たに放出される電子。高速イオンやX線などの入射によって放出される電子も二次電子という。二次電子が生じる割合は,一次電子の速度や衝突される物質の種類によって変る。一次電子数より多い場合もあり,この現象は光電子増倍管と呼ばれる微量の光の検出器に応用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にじ‐でんし【二次電子】

電子金属などに衝突したとき、そこから放出される電子。衝突した電子を一次電子という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にじでんし【二次電子】

電子が金属や絶縁物に衝突したとき、その表面から放出される電子。衝突した電子を一次電子と呼ぶのに対していう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の二次電子の言及

【電子放出】より

…しかし外部からの何らかの刺激により,物質内の電子がエネルギーを得て真空準位より高いエネルギーをもつようになると,その電子は真空中に放出される。電子がエネルギーを得て真空中に放出される原因は種々あり,それによって,熱電子放出,二次電子放出,電界放出,エキソ電子放出,光電子放出などと呼ばれる。
[熱電子放出]
 固体が熱せられると,固体を形成している原子の振動が激しくなり,電子は原子振動からエネルギーを得て固体外に飛び出すようになる。…

※「二次電子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二次電子の関連キーワード電子線マイクロアナライザーイメージインテンシファイアホィッディントンの法則オートラジオグラフィータウンゼンドの電離係数ブラッグ‐グレイの原理シンチレーション計数管イメージオルシコン走査型電子顕微鏡二次電子増倍管紫外線検出器クロマトロンモノスコープマルター効果二次電子放出二次電子管五極真空管ズボリキン電子増倍管ノックオン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二次電子の関連情報