コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五百円玉 ゴヒャクエンダマ

デジタル大辞泉の解説

ごひゃくえん‐だま〔ゴヒヤクヱン‐〕【五百円玉】

日本政府が発行する貨幣の一。五百円ニッケル黄銅貨幣の通称。表面に桐(きり)、裏面に竹と橘(たちばな)が描かれている。昭和57年(1982)白銅貨として発行開始、平成12年(2000)に素材とデザインの一部が変更された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五百円玉の関連情報