コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五百円玉 ゴヒャクエンダマ

デジタル大辞泉の解説

ごひゃくえん‐だま〔ゴヒヤクヱン‐〕【五百円玉】

日本政府が発行する貨幣の一。五百円ニッケル黄銅貨幣の通称。表面に桐(きり)、裏面に竹と橘(たちばな)が描かれている。昭和57年(1982)白銅貨として発行開始、平成12年(2000)に素材とデザインの一部が変更された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五百円玉の関連情報