五色旗(読み)ゴショクキ

大辞林 第三版の解説

ごしょくき【五色旗】

中華民国北京政府時代(1912~1928)の国旗。上から赤(漢)・黄(満)・藍(蒙)・白(回)・黒(西蔵チベツト)の五色の横縞で五族共和を象徴。また旧満州国では五色旗は黄地の左肩に赤・藍・白・黒の四線を並べて五族協和と称した。

ごしょっき【五色旗】

ごしょくき五色旗

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごしょっ‐き ゴショク‥【五色旗】

〘名〙 中華民国成立(一九一二)以後、国民政府成立(一九二五)まで用いた中華民国の国旗。五色の横しまで上から漢(赤)・満(黄)・蒙(藍)・回(白)・西蔵(黒)の五族共和を象徴したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android