コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五族共和 ごぞくきょうわWu-zu gong-he

5件 の用語解説(五族共和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五族共和
ごぞくきょうわ
Wu-zu gong-he

中国の辛亥革命の際に主張されたスローガン。孫文ら革命派は,漢族,満州族,モンゴル族ウイグル族チベット族の5民族が平等の立場で中華民国を建設することを目指した。五色旗はこれに基づくものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごぞく‐きょうわ【五族共和】

中国で、辛亥(しんがい)革命当時、朝を廃し、五族が協力して共和国を建設しようという標語。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

五族共和【ごぞくきょうわ】

中国で孫文辛亥革命直後に唱えた民族融和による共和国建設のスローガン。五族は漢・満・蒙(モンゴル)・回(ウイグル)・蔵(チベット)。その後,孫文は五族共和論から発展し,五族に限定せず,国内各民族の自決権にもとづく自由で統一ある国家の組織という思想に具体化した。
→関連項目協和会満州国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごぞくきょうわ【五族共和 Wǔ zú gòng hé】

中国,辛亥革命直後の1911‐12年以降,孫文らが提唱したスローガン。五族とは漢族,満州族,モンゴル族,回族,チベット族で,中国の主要民族を指す。各民族の平等,融和を主張し,多民族国家としての中国を擁護したもの。〈滅満興漢〉の漢族中心主義からの脱却をはかったものであるが,なお漢族への同化も主張するなど,漢族中心的色彩も残存し,孫文はその後もその弱点の克服に努めた。【久保田 文次】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごぞくきょうわ【五族共和】

中国、辛亥しんがい革命の際に、清朝を廃し、五族の共和政体樹立をめざして孫文らが唱えたスローガン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の五族共和の言及

【満州事変】より

…日本の中国東北・内蒙古への武力侵略戦争。いわゆる十五年戦争の第1段階。1931年(昭和6)9月18日の柳条湖事件を発端とし,狭義には33年5月31日塘沽(タンクー)停戦協定までの期間,広義には37年7月7日蘆溝橋事件による日中戦争全面化までの期間を指す。
[原因,準備]
 日露戦争後のポーツマス会議で日本は帝政ロシアから関東州・南満州鉄道などの権益を譲渡させ,中国の東北(東三省(奉天,吉林,黒竜江の3省)。…

※「五族共和」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone