コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五行川 ごぎょうがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五行川
ごぎょうがわ

栃木県南東部を流れる川。さくら市中部に発し,鬼怒川に並行して南流,茨城県筑西で小貝川に合流する。全長 54.4km。県東部の洪積台地を刻み,帯状沖積低地をつくり,蛇行して流れる。流域は主要米作地帯で,その灌漑用水として利用される。江戸時代末期に二宮尊徳が大前堰 (おおさきせき) などをつくり,農村開発に努力した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

五行川の関連キーワード栃木県芳賀郡芳賀町栃木県真岡市高根沢[町]二宮[町]栃木(県)芳賀[町]高根沢町下野平野真岡市芳賀町下館芳賀二宮

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五行川の関連情報