コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上正域 いのうえ まさむら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上正域 いのうえ-まさむら

?-1846 江戸時代後期の大名。
井上正滝(まさたき)の長男。天保(てんぽう)12年下総(しもうさ)高岡藩(千葉県)藩主井上家9代となる。日光山祭祀奉行をつとめた。弘化(こうか)3年9月13日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上正域の関連キーワード仁孝天皇ヘンリークルーゼンシュテルンチェルマンデニソンデニングハイゼハリスピニャテルブスケ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android