コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上通女 いのうえ つうじょ

3件 の用語解説(井上通女の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

井上通女

江戸中期の歌人。讃岐丸亀生、江戸住。丸亀藩士本固の娘。名は振・玉・通・通女、号は感通。父に和漢書、林鵞峰に漢詩を学ぶ。丸亀藩主母養性院侍女を務める。雨森芳洲・柳生松女・林鳳岡等と交遊があった。書・詩歌を能くした。著書に『往事集』『江戸日記』等がある。元文3年(1738)歿、79才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

井上通女

没年:元文3.6.23(1738.8.8)
生年:万治3.6.11(1660.7.18)
江戸前期の歌人。名は振,玉,感通。讃岐国(香川県)丸亀生まれ。父は儒学者井上本固,母は渡辺孫左衛門の娘栄のちに栄林尼。幼少から女訓書,和歌,物語,漢学を学び,16歳で詩文「処女賦」を作る。天和1(1681)年,22歳で丸亀藩主京極高豊の母養性院に召され,江戸に下る。このとき『東海紀行』が成る。江戸では雨森芳洲,林鳳岡ら著名な学者文人と交わり,その才媛ぶりを聞いて彼女を招請しようとする諸侯も少なくなかった。なお江戸滞在中の日記に『江戸日記』がある。元禄2(1689)年,30歳のときに養性院が没し,丸亀に帰る。このとき『帰家日記』が成る。同年,同藩士三田茂左衛門宗寿と結婚する。以後弟益本の切腹で井上家断絶などの事件に遭うが,堅実な主婦生活を続ける。宝永7(1710)年,51歳のとき,夫に先立たれ隠遁,文芸に親しむ晩年を送った。<参考文献>近石泰秋「井上通女小伝並に年譜」(『井上通女全集』)

(飯倉洋一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いのうえつうじょ【井上通女】

1660~1738) 江戸前・中期の歌人。和漢の学に通じ、書・詩歌をよくした。著「東海紀行」「江戸日記」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の井上通女の言及

【讃岐国】より

…さらに67年(慶応3)に小豆島で1838年以来津山藩領となっていた西部六郷で,諸負担の軽減を求める一揆がおこった。 讃岐は平賀源内や柴野栗山を生んだ地であるが,女流文学者の井上通女(つうじよ),丸亀城下で活躍した俳人岸夕静(ゆうせい),柴野栗山の師である後藤芝山(しざん),大塩平八郎の教えを受けた陽明学者林良斎,国学者の友安三冬らも著名である。また滝沢馬琴と親交があり膨大な《聞ままの記》を著した木村黙老(もくろう)がいる。…

※「井上通女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone