はは

精選版 日本国語大辞典「はは」の解説

は‐は

〘感動〙 (感動詞「は」を重ねたもの)
① 物事に思い当たった時、得心した時などに発することば。ははあ
※狂言記・貰聟(1660)「はは。女どものこゑがする」
② 目上の人に対してかしこまって応答する時のことば。ははあ。
※狂言記・貰聟(1660)「『さてはこなたはむことので御ざるか』『はは』」
③ 驚いた時に発することば。
※狂言記・丼礑(1660)「なにいふと事がある物で御ざるかいの。はは。ふかい所へはいりましたわいの」
④ 大きく口をあけて笑う時に発することば。あはは。
明暗(1916)〈夏目漱石〉三〇「それを機(しほ)にははと笑った」

はは【

〘形動タリ〙 (「」は白いの意) 鬢(びん)の毛などのまっ白なさま。はんはん
※三教指帰(797頃)下「、臨近冥壌」
※三国伝記(1407‐46頃か)九「口黒なるか々たるの髪は似朝霜」 〔班固‐辟雍詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android