井原 昂(読み)イハラ ノボル

20世紀日本人名事典の解説

井原 昂
イハラ ノボル

江戸時代末期〜大正期の官史,志士 島根県知事。



生年
天保11年10月13日(1840年)

没年
大正12(1923)年1月15日

出生地
土佐国高岡郡佐川(高知県佐川町)

旧姓(旧名)
古沢

別名
別名=岩神 圭一郎,通称=応助

経歴
土佐藩士で深尾家臣・古沢南洋の長男に生まれる。本家の岩神氏を嗣ぎ岩神圭一郎と称す。更に曾祖父・井原家を再興し、井原昂と名乗った。武市瑞山に剣を学び、文久元年(1861年)土佐勤王党に加盟する。2年上京し、平井隈山の宿に投じ列藩の志士と交わる。3年武市の下獄に関わり、父、弟・迂郎(滋)と共に入獄。慶応3年(1867年)赦免され、深尾重愛に従い松山討伐に従軍する。明治初年に藩兵の教頭・助教を経て、3年東京に出て一等士官となり官界に入る。4年大阪鎮守台出仕、ついで司法省検事局、8年元老院権少書記官を務める。9年高知県権参事となるが、10年官を辞して大江卓らと立志社の挙兵計画に加わり禁獄10年の刑を受け秋田監獄に入る。16年特赦出獄し、のち山梨県大書記官、35〜37年島根県知事を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android