教頭(読み)きょうとう

日本大百科全書(ニッポニカ)「教頭」の解説

教頭
きょうとう

学校教育法に基づき、小中学校等に置かれる位(ただし学校種によっては必置ではない)。校長を全校的に補佐する管理職で、校長(および副校長)を助け、校務整理し、および必要に応じ児童・生徒の教育をつかさどる。また、校長(および副校長)に事故があるときは校長の職務を代理し、校長(および副校長)が欠けたときは校長の職務を行う(学校教育法37条第7、8項。中学校等の規定でも準用される)。明治以降、学校規模の拡大等に伴って(法制化されなかった時期も)校長の補佐役として置かれていた。第二次世界大戦後はその役割と法的地位の確立が重要とされ、1957年(昭和32)に教頭についての規定が新設された。しかし当時は「充(あ)て職」として設置されたにすぎず、独立した職として法律上明確な位置づけを得たのは1974年のことである。教頭の職務権限は、一般に校長補佐権、校務整理権、代理権・代行権に分類される。また学校組織内の調整役として、学校教育活動を活性化するための多面的な活動が期待されている。他方それゆえ、その職務内容にはいまだ曖昧な点が多い。

[小柳雅子・浜田博文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「教頭」の解説

教頭
きょうとう
vice-principal

校長や園長を助け,校務・園務の整理などの職務を行なう教育職員学校教育法は,小学校には特別の事情のないかぎり教頭を置くこと,教頭は校長を助けて校務を整理し,必要に応じて児童の教育を司ること,校長に事故があるときはその職務を代理すること,校長が欠けたときはその職務を行なうこと,などを定めている。この規定は,中学校,高等学校中等教育学校,特別支援学校にも準用される。学校教育法はまた,幼稚園にも特別な事情のないかぎり教頭を置くこと,教頭は園長を助け,園務を整理し,必要に応じて幼児保育を司ることを定めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「教頭」の解説

教頭【きょうとう】

教頭は,1957年の〈学校教育法施行規則〉一部改正により,学校教育法に,高等学校に必置,小学校,中学校,特殊学校,幼稚園には特別の事情がない限りおかれる職制として定められた。職務としては,〈校長を助け,校務を整理し,及び必要に応じ児童生徒の教育をつかさどる〉〈校長に事故があるときはその職務を代理し,校長が欠けたときはその職務を行う〉と定められている(28条)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「教頭」の解説

きょう‐とう ケウ‥【教頭】

〘名〙
① 教え指導する者のうちの長。
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「砲術教授として勤仕せし教頭(ケウトウ)なりしが」
② 小学校、中学校、高等学校で、校長を補佐し校務を整理する学校内の職制。
※官報‐明治二三年(1890)六月二三日「叙任及辞令〈略〉第三高等中学校教頭正六位理学博士 松井直吉

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「教頭」の解説

きょう‐とう〔ケウ‐〕【教頭】

小学校・中学校・高等学校で、校長を補佐し、校務を整理する職制。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「教頭」の解説

きょうとう【教頭】

学校教育法に定められている職名の一つ。第2次大戦前には〈小学校主席教員〉という名称は使われたが,教頭職が制度上確立したのは,1941年の国民学校令においてである。それによると,教頭は〈訓導ノ中ヨリ之ヲ補ス〉ものとされ,その職務は〈学校長ヲ輔佐シ校務ヲ掌ル〉と規定されていた。戦前はこのように,皇国民錬成の教育をすすめるための上意下達機関のひとつとして教頭は位置づけられていた。戦後,法律上の職としての教頭職は廃止された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android