コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井口阿くり いのくち・あくり

朝日日本歴史人物事典の解説

井口阿くり

没年:昭和6.3.26(1931)
生年:明治3.11.22(1871.1.12)
近代女子体育教育のパイオニア。秋田県南秋田郡中亀町(秋田市)に国学者井口糺,ミヱの次女として生まれる。秋田県立女子師範学校を経て東京師範学校女子部(お茶の水女子大)に入学。卒業後母校助教諭などを勤め,明治32(1899)年,初の体育留学生としてアメリカのスミス大学に留学。生理学,体操を学び,次いでボストン体操師範学校で体育理論や体育実技を修得。36年帰国し,母校教授として女子体育の指導者養成に当たった。翌年文部省の体操及遊戯取調委員となりスウェーデン体操の採用を提唱,女子体育界で広く活躍した。44年,藤田積造と結婚したが,夫の病気のため生活が定まらず,大正14(1925)年,英国より帰国ののち,東京高等実習女学校校長となった。<参考文献>進藤孝三『日本女子体育の母 井口阿くり女史伝』

(中嶌邦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

井口阿くりの関連キーワード11月22日井口 あぐり