コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井早太 いの はやた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井早太 いの-はやた

?-? 平安時代後期の武士。
遠江(とおとうみ)(静岡県)猪鼻湖西岸を領し,源頼政につかえた。頼政が宮中で怪鳥鵺(ぬえ)を射おとしたとき,これにとどめをさしたという伝承がある。猪早太ともかく。本姓は猪鼻。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井早太の関連キーワード武士遠江

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android