コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源頼政 みなもとの よりまさ

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐よりまさ【源頼政】

[1104~1180]平安末期の武将。通称、源三位(げんさんみ)入道。白河法皇後白河天皇に仕え、保元平治の乱に功をあげた。のち、以仁王(もちひとおう)と平氏追討を企てたが、事前に発覚して宇治平等院で自殺。和歌に長じ、家集に「源三位頼政卿集」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

源頼政【みなもとのよりまさ】

平安末期の武将。仲政(なかまさ)の子。弓術に長じ,歌人としても著名。保元(ほうげん)の乱には後白河天皇方に参じ,平治の乱では平清盛にくみし,従三位(じゅさんみ)に叙せられて源三位(げんざんみ)と呼ばれた。
→関連項目宇治歌林苑福原遷都渡辺津

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源頼政 みなもとの-よりまさ

1104-1180 平安時代後期の武将。
長治(ちょうじ)元年生まれ。源仲正の長男。平治(へいじ)の乱では平清盛方につき,平家政権下で唯一源氏としてのこった。治承(じしょう)4年以仁(もちひと)王をたてて挙兵したが敗れ,5月26日平等院で自殺。77歳。鵺(ぬえ)退治の伝説で知られ,歌人としても著名。源三位(げんざんみ)入道とよばれた。法名は真蓮,頼円。家集に「源三位頼政家集」。
【格言など】のぼるべきたよりなき身は木のもとにしゐをひろひて世をわたるかな(「平家物語」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのよりまさ【源頼政】

1105‐80(長治2‐治承4)
平安末期の武将。清和源氏の本宗摂津源氏の流れをくむ源仲政の子。母は勘解由(かげゆ)次官藤原友実の娘。弓の名手であり,歌人でもあった。1155年(久寿2)兵庫頭。56年(保元1)保元ので渡辺党以下200騎を率いて後白河天皇方につき勝利を得る。59年(平治1)平治の乱では初め源義朝方に加わったが変心して平家方につき,以後は源氏として唯一人六波羅政権下で生きのびることとなる。66年(仁安1)内昇殿を許され,78年(治承2)12月平清盛の奏請により74歳で念願の三位となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みなもとのよりまさ【源頼政】

1104~1180) 平安末期の武将。従三位に進み出家して源三位げんざんみ入道と称された。平治の乱では、平清盛につく。1180年以仁王もちひとおうを奉じて平氏追討のために挙兵したが宇治で敗死。宮中の鵺ぬえ退治などの武勇にすぐれ、和歌にも長じたことから、後世、謡曲・浄瑠璃などに脚色された。家集「源三位頼政卿集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源頼政
みなもとのよりまさ

[生]長治1(1104)/長治2(1105)
[没]治承4(1180).5.26. 宇治
平安時代後期の武将。仲政の子。蔵人を経て久寿2 (1155) 年兵庫頭となる。保元の乱には後白河天皇方として源義朝とともに戦ったが,平治の乱には義朝に従わず,平清盛とともに行動,仁安1 (66) 年昇殿を許された。治承2 (78) 年清盛の推挙により,清和源氏としては異例の従三位に叙せられた。翌年出家し,源三位入道といわれた。子仲綱が平宗盛にはずかしめられたことから,頼政の平氏に対する不満が爆発し,同4年後白河法皇の皇子以仁王 (もちひとおう) にすすめて平氏討滅の令旨を得,諸国に触れたが,事が漏れ,宇治平等院の戦いで死んだ。家集『源三位頼政卿集』がある。 (→保元・平治の乱 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源頼政
みなもとのよりまさ
(1104―1180)

平安後期の武将。法名真蓮(一に頼円とも)。源三位(げんざんみ)入道。父は仲政(仲正)、母は藤原友実(ともざね)の女(むすめ)。白河院(しらかわいん)以来、朝廷に仕え兵庫頭(ひょうごのかみ)に至る。摂津源氏渡辺党を率いて、保元(ほうげん)の乱には天皇方に属して功あり、平治(へいじ)の乱では平氏方に属した。平氏政権下で宮廷、京都の警衛に任じ、三位に至り内昇殿を許された。しかし平氏の専制、源氏の衰勢を憤って、1180年(治承4)後白河上皇の皇子以仁(もちひと)王を奉じて平氏打倒の兵をあげたが、平氏に討たれて5月26日宇治平等院(うじびょうどういん)で戦死した。このときに諸国の源氏に配布された以仁王の令旨(りょうじ)は、源氏再興の原動力となっている。頼政は射芸の達人として名があり、また和歌において当時の第一流に属し、今日に『源三位頼政集』を伝えるほか、多数の和歌を残している。[多賀宗隼]
『多賀宗隼著『源頼政』(1973・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の源頼政の言及

【治承・寿永の内乱】より

…1180年(治承4)以仁王(もちひとおう)の令旨(りようじ)を受けた諸国源氏の挙兵から,85年(文治1)3月長門国壇ノ浦(下関市)に平氏一門が壊滅するまで,主として源平両氏による決戦のかたちをとって進行した全国的規模の内乱。当時の年号を冠してこう呼び,たんに治承の乱,あるいは源平の合戦(争乱)とも称する。
[内乱の序章]
 すでに12世紀中葉,全国各地では国守・目代と在地武士との対立が激化し,ときにそれは後者の反乱を惹起していた。…

【鵺】より

…拾イ物。源頼政は,保元・平治の乱で戦功があったのにたいした恩賞も与えられなかったが,晩年になって,〈人知れぬ大内山の山守は木がくれてのみ月を見るかな〉と詠んで昇殿を許され,その後〈のぼるべき便りなき身は木のもとに椎(しい)を拾ひて世を渡るかな〉と詠んで三位を与えられた。この人が世に名をあげたのは近衛院の御代のことである。…

【平等院】より

…だが,寺地が都の攻防の要衝にあったので,中世以降たびたび戦禍にまきこまれた。平家打倒の兵を挙げて敗れた源頼政は観音堂の側の〈扇の芝〉で自害し,1486年(文明18)山城国一揆の国人の集会は当寺で行われた。中世末には当初の堂舎のほとんどが焼失し,寺運も衰えた。…

【頼政】より

…世阿弥作。シテは源頼政の霊。旅の僧(ワキ)が宇治の里に赴くと,1人の老人(前ジテ)が現れて所の名所を教え,平等院に案内する。…

※「源頼政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

源頼政の関連キーワード小侍従(1)宜秋門院丹後山内首藤俊綱円恵法親王二条院讃岐讃岐・讚岐佐貫広綱筒井浄妙安倍泰親桐生六郎菖蒲御前石川義兼足利忠綱源兼綱源仲綱源広綱源頼茂源重定源仲家源頼兼

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源頼政の関連情報