コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井田青峰 いだ せいほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井田青峰 いだ-せいほう

?-? 江戸時代中期の書家,篆刻(てんこく)家。
紀伊(きい)の人。天明4年(1784)筑前(ちくぜん)(福岡県)志賀島で「漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)」の金印が出土すると,福岡藩儒村山子業にみせてもらい,石で模造印を2回つくった。名は敬之(たかゆき)。字(あざな)は仲嘉。著作に「金印図章」「後漢金印図章」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android