コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井関盛艮 いせき もりとめ

2件 の用語解説(井関盛艮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井関盛艮 いせき-もりとめ

1833-1890 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)4年4月21日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)宇和島藩士として他藩との交渉に活躍。明治3年神奈川県知事となり,「横浜毎日新聞」の発刊を推進した。4年宇和島県参事,名古屋県権令,7年島根県令。のち東京商法会議所議員,東京株式取引所頭取をつとめた。明治23年2月12日死去。58歳。初名は峰尾。字(あざな)は公敦。通称は斎右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井関盛艮

没年:明治23.2.11(1890)
生年:天保4.4.21(1833.6.8)
幕末明治期の官僚,日本最初の日刊新聞『横浜毎日新聞』の発行者。宇和島藩(愛媛県)藩士で通称斎右衛門。藩命で長崎に赴き坂本竜馬本木昌造らを知り,海外事情に通じた。維新後は明治政府の外務大丞となり,諸国との修好条約締結に当たった。明治3(1870)年神奈川県知事のとき活版所を開き,子安峻と共に『横浜毎日新聞』第1号を発行した。宇和島,名古屋,島根などの権県令,県令を歴任,退官後は実業家として東京~八王子間の鉄道敷設に尽力した。幕末時には宇和島藩士で最も重要な人物と,アーネスト・サトウに評価された。<参考文献>アーネスト・サトウ『一外交官の見た明治維新

(森山茂徳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井関盛艮の関連キーワード国民新聞東京日日新聞横浜毎日新聞初子夕刊デーリーミラー小西勝一坪井良作陽其二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone