コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横浜毎日新聞 ヨコハママイニチシンブン

デジタル大辞泉の解説

よこはままいにち‐しんぶん【横浜毎日新聞】

明治3年12月8日(1871年1月28日)横浜で発刊された日本最初の日刊邦字新聞。のち東京に移り「東京横浜毎日新聞」と改題

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

横浜毎日新聞【よこはままいにちしんぶん】

1870年1月28日(明治3年12月8日)横浜で発行された日本最初の本格的邦字日刊新聞。社名は初め横浜活版社,のち横浜毎日新聞社。国産の鉛活字を使用,洋紙一枚刷新聞の初め。神奈川県令井関盛良(もりよし)の企画。初期の記者に星亨島田三郎ら。1879年沼間(ぬま)守一に買収され,《東京横浜毎日新聞》と改題。肥塚竜らが健筆を振るい,嚶鳴(おうめい)社系の民権新聞として確立。のち立憲改進党の機関紙となり,1886年《毎日新聞》と改題,横山源之助も一時在社。1888年の沼間の死後島田三郎が社長となる。1906年《東京毎日新聞》と改題。のち経営は数次にわたって移り,1940年《帝都日日新聞》に吸収された。
→関連項目新聞

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よこはままいにちしんぶん【横浜毎日新聞】

1870年12月8日横浜で発行された日本で最初の日刊邦字紙。従来の新聞が和紙に木版で印刷されていたのに対し,はじめて洋紙に活版で印刷(1枚刷)された。当時の神奈川県令井関盛艮のすすめと,富商原善三郎や島田豊寛ら5人の資金面の協力により,子安峻(こやすたかし)らが発行に当たったらしい。初期には星亨,島田三郎仮名垣魯文などが在社し,一時栗本鋤雲もいた。貿易関係記事,海外ニュースなどを掲載したが,74年ころからは民権派の新聞として注目されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よこはままいにちしんぶん【横浜毎日新聞】

1870年(明治3)横浜で創刊された日本最初の邦字日刊新聞。79年東京に移り、「東京横浜毎日新聞」と改題。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横浜毎日新聞
よこはままいにちしんぶん

日本最初の日刊紙。1871年1月28日(明治3年12月8日=旧暦)島田豊寛(とよひろ)が横浜で創刊した西洋紙一枚刷りの初の近代型新聞で、子安峻(たかし)(1836―1898)、仮名垣魯文(かながきろぶん)らが在社した。創刊時の名称は『横浜新聞』だったが、翌年に『横浜毎日新聞』と改題。さらに1879年11月東京に移り、『東京横浜毎日新聞』と改題、沼間守一(ぬまもりかず)が社長となり、改進党系の政論新聞として勢威を振るった。1886年5月『毎日新聞』と改題、肥塚龍(こいづかりゅう)(1848―1920)に次いで1894年、島田三郎が社長となった。島田時代は、石川半山(はんざん)(安次郎、1872―1925)、木下尚江(なおえ)が在社、足尾銅山鉱毒事件で田中正造を支援、廃娼(はいしょう)運動を推進したほか、日露非戦論を唱えたりしたが、しだいに紙勢衰え、1906年(明治39)7月『東京毎日新聞』と改題、以後経営者交替が相次いだ。大正期に入り、1918年(大正7)1月八千代生命保険社長小原達明の手に移ると、労働者の利益擁護をうたった特異な新聞として一時持ち直したが、関東大震災(1923)で打撃を受けたため、府会議員千葉博巳(ひろみ)に譲渡された。以後、政友会系の三流紙として存続、1940年(昭和15)11月30日廃刊した。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の横浜毎日新聞の言及

【新聞】より

…その代表的なものは柳河春三の《中外新聞》である。
[近代新聞]
 定期刊行の日本最初の近代新聞は,1871年創刊の《横浜毎日新聞》で,同紙は日本最初の日刊紙でもあった。72年には《東京日日新聞》(《毎日新聞》の前身),《郵便報知新聞》(《報知新聞》の前身),現存最古の地方紙《峡中(こうちゆう)新聞》(《山梨日日新聞》の前身)など後の有力紙が続々と創刊された。…

※「横浜毎日新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

横浜毎日新聞の関連キーワード鈴木 券太郎波多野伝三郎社会民主党塚原渋柿園赤羽万次郎島田 三郎丸山 名政沼間 守一肥塚 龍丸山名政草間時福妻木棲碧矢部新作陽其二嚶鳴社金井潭

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android