亜鉛末(読み)あえんまつ(英語表記)zinc powder

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜鉛末
あえんまつ
zinc powder

粉状の亜鉛をいう。亜鉛精錬によって、鉱石を還元して金属亜鉛を取り出すとき、蒸留した気体の亜鉛を凝縮させるが、このときつねに10~15%の粉末状亜鉛が得られる。これを亜鉛末あるいはブルーパウダー(粉末では青みがかった色にみえる)といっている。亜鉛末は表面が酸化されており、純粋なものではないと考えられる。イオン化傾向が亜鉛より低い金属の塩水溶液中に入れておくと、金属を析出させることができるので、金、その他の金属精錬に際しての沈殿剤として用いられる。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android