コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜音速流 あおんそくりゅうsubsonic flow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜音速流
あおんそくりゅう
subsonic flow

高速気流のうち,流れの速さがいたるところで音速よりも小さい流れをいう。この場合,流速と音速の比であるマッハ数 M の値は,いたるところで M<1 となる。亜音速流の性質は,定性的には非圧縮性流体の流れ ( M=0 に相当する) とあまり変らず,ただ M の値が増すとともに,気体の密度変化に伴う量的な相違が大きくなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あおんそく‐りゅう〔‐リウ〕【亜音速流】

高速気流のうち、速度が音速未満のもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおんそくりゅう【亜音速流】

物体に対する気流の速さが、いたるところでその気体中を伝わる音速より遅い流れ。 → 超音速流遷音速流

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の亜音速流の言及

【高速気流】より

…臨界マッハ数の大きさは物体の形によって決まり,ふつうの翼型では0.7~0.8程度である。主流のマッハ数を臨界マッハ数より大きくすると,図のaに示すように,翼の上面の最大速度の点のまわりに超音速流の領域ができ,この超音速流が再び亜音速流に減速するところに,衝撃波と呼ばれる強い圧縮波が発生する。この状態では翼のまわりの流れに亜音速の部分と超音速の部分が共存することになる。…

【超音速飛行】より

… 空気の流れは,その速度が音速に近づくにつれて圧縮による影響が無視できなくなり,音速を超えると流れの性質は急変する。一般にマッハ1を境にして,それ以下の速度の気流を亜音速流,マッハ1以上の気流を超音速流というが,超音速流では圧縮性のためにその中におかれた物体から衝撃波が発生し,それに伴って物体には大きな抵抗が働く。静止した空気の中を飛行機が飛ぶ場合も現象的にはまったく同じであって,超音速飛行を実現するためには,衝撃波に伴って生ずる抵抗をいかにして減らすかということと,その抵抗に打ち勝つ推力を発生できる推進装置を開発することが必要であった。…

※「亜音速流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亜音速流の関連キーワードプラントル=グラウアートの相似法則プラントル‐グラウエルトの法則超音速飛行空気力学超音速流遷音速流今井功

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android