コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定性的 ていせいてき

大辞林 第三版の解説

ていせいてき【定性的】

対象の状態を不連続な性質の変化に着目してとらえること。 → 定量的

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ていせい‐てき【定性的】

[形動]
性質に関するさま。ある物質にその成分が含まれるかどうかを表す場合などに用いる。「定性的検査」⇔定量的
数値・数量で表せないさま。「人事の定性的評価」⇔定量的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

定性的の関連キーワードブンゼン=ロスコーの法則アインシュタインの比熱式イワン ペトロフスキーモデル・ビルディングパーソナリティ検査定量目標/定性目標ヨードホルム反応シーケンス制御プログラム制御電流の磁気作用顕微分光測光法マイスナー効果マクファデン右螺子の法則ファジー制御量子電磁力学計量地理学画法幾何学炎光光度法社会的均衡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定性的の関連情報