コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高速気流 こうそくきりゅうhigh-speed flow

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高速気流
こうそくきりゅう
high-speed flow

流れの速さが流体中の音波の速さと同程度であるか,またはそれ以上である流れをいう。このような流れでは,流れに伴う密度変化の影響を考慮しなければならないので,流体を圧縮性流体として取り扱う。高速気流の性質は,流れの速度音速との比であるマッハ数 M の値によって著しく変わる。一般に,流速も音速も場所によって異なるから,M の値もまた場所とともに変わる。流れの中のいたるところで M<1 である流れを亜音速流,いたるところで M>1 である流れを超音速流,そして流れの中に亜音速領域と超音速の領域がどちらも存在する流れを遷音速流という。また,超音速流のうち,M が約 5以上の流れを極超音速流という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうそく‐きりゅう〔カウソクキリウ〕【高速気流】

速さが音速に近い気体の流れ。航空機などへの抵抗が急激に増す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうそくきりゅう【高速気流 high‐speed flow】

気体は圧縮性が大きいので,気体が物体のまわりを流れたり,断面積の変化する管の中を流れたりする場合は,圧縮性が流れの状態に影響を与える。この影響は流れの速度が音速に比べて小さい間はたいしたこともないが,流れの速度が音速に近くなるに従ってその影響は著しくなり,音速以上の速度になると流れの状態はまったく変わってしまう。高速気流というのは,圧縮性の影響が無視できないような速度の気体の流れをいう。 気体の一様な流れの中に物体が置かれた場合を考える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうそくきりゅう【高速気流】

音速に近いあるいは音速より速い気流。超音速流では圧縮され衝撃波が生じるので、物体の抵抗が急激に増大する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高速気流
こうそくきりゅう
high speed airflow

高速度と低速度の明確な境界はつけにくいが、航空機ではその高度における音の速度の70%以上の気流をいうのが普通である。空気は、流速が遅い場合には、粘性も圧縮性もない理想流体と考えてよい。しかし高速になると、粘性や圧縮性の影響を考慮して現象を解明しなければならなくなる。つまり流速が音速の70%(マッハ0.7)を超えると、その影響が顕著になるためである。[落合一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高速気流の言及

【流れ】より

…このようにReが小さいときの整然とした流れ(層流)が,Reの増加とともに不規則に変動する流れ(乱流)に移行するのは,移行のしかたこそ異なれ,流れの一般的な特徴であり,O.レーノルズが円管の中の乱流について初めて明らかにした(1883)ものであるが,その移行は同心回転円筒間の流れ(テーラーの流れ)や熱対流のほうがゆるやかでわかりやすい。
[気体の流れ]
 高速の気体の流れ(高速気流)では,速度の変化による圧力の変化が大きくなると密度一定と考えることができなくなる。音速をcとするとき,マッハ数MU/cがその目安であって,Mが小さければ気体でも密度変化を無視できるが,Mが大きくなると,流れの速度が遅くても物体の近傍に局所的に超音速の領域が形成されるようになる。…

※「高速気流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

高速気流の関連キーワードネブライザー蒸気タービンエンジン流体力学高速流体カルマン気流乾燥境界層衝撃波乾燥

高速気流の関連情報