コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交じらふ マジラウ

デジタル大辞泉の解説

まじら・う〔まじらふ〕【交じらふ】

[動ハ四]《動詞「まじる」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」から》
まじる。まじりあう。
「楠(くす)の木は木立多かる所にもことに―・ひたてらず」〈・四〇〉
交際する。
「御心ばへのたぐひなきを頼みにて、―・ひ給ふ」〈・桐壺〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まじらう【交じらふ】

( 動四 )
〔動詞「まじる」の未然形に継続の助動詞「ふ」の付いたものから〕
まじる。まじりあう。 「楠くすの木は、木立おほかる所にも、ことに-・ひたてらず/枕草子 40
人中に出る。仲間として加わる。特に、宮仕えする。 「かたじけなき御心ばへの、たぐひなきを頼みにて-・ひ給ふ/源氏 桐壺

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

交じらふの関連キーワード

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android