コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

混じる コンジル

3件 の用語解説(混じるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こん・じる【混じる】

[動ザ上一]「こんずる」(サ変)の上一段化。「貝に砂が―・じる」

まじ・る【混じる/交じる/雑じる】

[動ラ五(四)]
ある物の中に種類や性質の異なる別のものがはいり込む。まざる。「黄の―・った緑色」「麦の―・った御飯」「髪に白いものが―・る」
グループに加わる。仲間にはいる。交際する。「子供たちに―・って遊ぶ」
分け入る。山野などにはいりこむ。
「野山に―・りて竹を取りつつ」〈竹取
[補説]ふつう、「雑音が混じる」「色が混じる」のように、互いにとけあって元の物が判別できないさまには「混じる」、「白髪が交じる」「漢字と仮名の交じった文」のように、元の物が判別できるさまには「交じる」を用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

混じるの関連情報