交感神経興奮薬(読み)こうかんしんけいこうふんやく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

交感神経興奮薬
こうかんしんけいこうふんやく

アドレナリン作動薬ともいい、交感神経の節後線維すなわちアドレナリン作動神経を刺激したのと同じ効果を現す薬物をさす。アドレナリン受容体にはα(アルファ)受容体とβ(ベータ)受容体の2種があり、α受容体に対する作用は興奮的で、β受容体に対する作用は抑制的である。アドレナリン類似の化合物がこの例で、アドレナリン、ノルアドレナリン、イソプロテレノールが代表的薬物である。α作用の強いのはノルアドレナリンで、イソプロテレノールがもっとも弱い。β作用はその逆でイソプロテレノールがもっとも強い。α作用は血管を収縮し、β作用は心臓興奮、気管支拡張がみられる。アドレナリンは止血、血圧上昇、局所の充血を除く目的で注射または外用で用いられ、ノルアドレナリンは救急薬として血圧上昇の目的で注射される。イソプロテレノールは気管支喘息(ぜんそく)の治療に用いられる。このほかフェニレフリン、ドパミン、エフェドリン、メチルエフェドリン、アンフェタミンや、気管支拡張剤としてのオルシプレナリン、テルブタリン、サルブタモール、トリメトキノール、カルテオロールなどがある。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の交感神経興奮薬の言及

【自律神経薬】より

…自律神経(自律神経系)や自律神経の支配を受けている器官(効果器官)に働きかけて,自律神経が興奮したとき,あるいはその興奮が遮断されたときにみられる効果を発現する薬物の総称。交感神経興奮薬,交感神経遮断薬,副交感神経興奮薬,副交感神経遮断薬,自律神経節興奮薬,自律神経節遮断薬などが含まれる。
[交感神経興奮薬sympathomimetic agent]
 交感神経の興奮は,興奮によって神経の終末から放出されるノルアドレナリン(ノルエピネフリン)が,効果器細胞上のアドレナリン作動性受容体と結合することによって伝達される。…

※「交感神経興奮薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android