コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

交流計算盤 こうりゅうけいさんばんAC calculating board

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

交流計算盤
こうりゅうけいさんばん
AC calculating board

送電系統の小型模型。電力系統の特性解析に用いる装置。 1929年アメリカで開発され,日本では 51年に製作された。発電機変圧器送電線など,実際の送電系統を模擬してつくられている。これを稼働させて,電力系統の安定度や平常時および故障時の諸問題を検討する。電力会社,大学その他の研究所に設置されている。このほか直流計算盤や,サージ計算盤などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

交流計算盤の関連キーワードアナログコンピュータ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android