享楽主義者マリウス(読み)きょうらくしゅぎしゃマリウス(英語表記)Marius the Epicurean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

享楽主義者マリウス
きょうらくしゅぎしゃマリウス
Marius the Epicurean

イギリスの批評家 W.ペーターの小説。 1885年刊。2世紀なかばのローマを背景に真摯な一青年マリウスの内的発展を描いたもの。エトルリアの貴族に生れた主人公はピサで教育を受けたのちローマに出て皇帝マルクス・アウレリウスの秘書官となるが,その間に受けた種々の精神的影響──アプレイウスの伝奇小説『黄金のロバ』,ヘラクレイトスの哲学,キュレネ学派アリスチッポスの異教主義,アウレリウスのストア哲学,初期キリスト教など──に対する彼の反応が克明にたどられている。主人公は最後には友人のキリスト者コルネリウスを救おうとする自己犠牲的行為によってみずから熱病に倒れる。全体としてペーターのいわゆる「目的と手段とが一つになっている芸術的生」の雰囲気に貫かれているが,これはマリウスに託したペーターその人の精神遍歴と考えられよう。イギリス小説における異色の名作である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android