コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

享楽主義者マリウス きょうらくしゅぎしゃマリウス Marius the Epicurean

1件 の用語解説(享楽主義者マリウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

享楽主義者マリウス
きょうらくしゅぎしゃマリウス
Marius the Epicurean

イギリスの批評家 W.ペーターの小説。 1885年刊。2世紀なかばのローマを背景に真摯な一青年マリウスの内的発展を描いたもの。エトルリアの貴族に生れた主人公はピサで教育を受けたのちローマに出て皇帝マルクスアウレリウス秘書官となるが,その間に受けた種々の精神的影響──アプレイウス伝奇小説黄金のロバ』,ヘラクレイトスの哲学,キュレネ学派アリスチッポスの異教主義,アウレリウスのストア哲学初期キリスト教など──に対する彼の反応が克明にたどられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

享楽主義者マリウスの関連キーワードシモンズペーターリービス批評家フォレスターイギリス巻EMフォースターJBプリーストリーイギリスの名車Miniバースデーの日イギリス鞍 (English saddle)