京塚 昌子(読み)キョウヅカ マサコ

20世紀日本人名事典の解説

京塚 昌子
キョウヅカ マサコ

昭和期の女優



生年
昭和5(1930)年3月16日

没年
平成6(1994)年9月23日

出生地
東京市本郷区(現・東京都文京区)

本名
平塚 マサ子

学歴〔年〕
佐野高女〔昭和21年〕卒

主な受賞名〔年〕
芸術祭奨励賞〔昭和30年〕

経歴
昭和21年疎開先の栃木・佐野高女を卒業して新派の研究生に。30年「月夜鴉」で初めて主役を演じ、同年「離れ猪」「太夫さん」の演技で芸術祭奨励賞を受賞。34年映画に初出演、38年新派を退団、東宝演劇部入り。43年から主演したTBSのドラマ「肝っ玉かあさん」で人気者に。58年9月、公演先の松山市で一過性脳梗塞で倒れ療養していたが、59年平岩弓枝ドラマシリーズでテレビ復帰。2年間で20キロ減量、リハビリを続けながら、60年「女の座」で舞台復帰を果すが、61年再入院後は芸能界から退いた。出演作にテレビ「カミさんと私」「肝っ玉捕物帖」、映画「私は二歳」「喜劇・駅前女将」「仰げば尊し」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

京塚 昌子
キョウヅカ マサコ


職業
女優

本名
平塚 マサ子

生年月日
昭和5年 3月16日

出生地
東京市 本郷区(東京都 文京区)

学歴
佐野高女〔昭和21年〕卒

経歴
昭和21年疎開先の栃木・佐野高女を卒業して新派の研究生に。30年「月夜鴉」で初めて主役を演じ、同年「離れ猪」「太夫さん」の演技で芸術祭奨励賞を受賞。34年映画に初出演、38年新派を退団、東宝演劇部入り。43年から主演したTBSのドラマ「肝っ玉かあさん」で人気者に。58年9月、公演先の松山市で一過性脳梗塞で倒れ療養していたが、59年平岩弓枝ドラマシリーズでテレビ復帰。2年間で20キロ減量、リハビリを続けながら、60年「女の座」で舞台復帰を果すが、61年再入院後は芸能界から退いた。出演作にテレビ「カミさんと私」「肝っ玉捕物帖」、映画「私は二歳」「喜劇・駅前女将」「仰げば尊し」など。

受賞
芸術祭奨励賞〔昭和30年〕

没年月日
平成6年 9月23日 (1994年)

伝記
清川虹子の愛と涙の交遊録―虹色変化の愉快な仲間たちテレビプロデューサー ブーねえがゆく 清川 虹子 著堀江 泰子 著(発行元 廣済堂出版汐文社 ’88’88発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

京塚 昌子 (きょうづか まさこ)

生年月日:1930年3月16日
昭和時代の女優
1994年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android