栃木(読み)トチギ

デジタル大辞泉の解説

とちぎ【栃木】

関東地方北部の県。もとの下野(しもつけ)国に相当。県庁所在地宇都宮(うつのみや)市人口200.7万(2010)。
栃木県南部の市。もと日光例幣使街道の宿場町市場町として発達。明治4~17年(1871~1884)県庁所在地であった。平成22年(2010)に大平町・藤岡町・都賀(つが)町と、翌年西方町と合併。人口14.7万(2012)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とちぎ【栃木】

関東地方北部の内陸県。かつての下野しもつけ国を占める。東部は八溝山地で、西部に那須・日光などの火山群や足尾山地などがある。北部には那須野原が広がり、南部は関東平野に開ける。県庁所在地、宇都宮市。
栃木県南部にある市。江戸時代は日光例幣使街道の宿場町、麻取引の中心地。履物・瓦かわらなどを生産。近年、食品・機械工業が発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とちぎ【栃木】

[一] 栃木県南部の地名。中世に皆川氏が築いた栃木城は江戸初期に廃城となり、以後、巴波(うずま)川の河川交通の終点にある市場町、日光例幣使街道の宿場町として栄えた。明治四年(一八七一)橡木(とちぎ)県の成立以後同一七年まで県庁所在地として発展。巴波川沿いを中心に蔵造りの民家が残る。履物製造のほか、食品・機械工業などが行なわれる。昭和一二年(一九三七)市制。
[二] 「とちぎけん(栃木県)」の略。
[三] (橡木) 明治四年(一八七一)の廃藩置県により成立した県。下野国の日光・壬生・吹上・佐野・足利の五県と上野国の館林県とを合わせて設置された。同六年に宇都宮県を合併。同九年に旧上野国の三郡を群馬県に移管した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

HUAWEI

スマートフォン、タブレット、PC等のハードウエア製造、販売の他、通信事業者向けネットワーク事業も手掛ける中国の民間企業。1987年に中国深●(しんせん)で設立された。中国語表記では「華為技術」。200...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栃木の関連情報