退団(読み)たいだん

精選版 日本国語大辞典「退団」の解説

たい‐だん【退団】

〘名〙 所属する団体から脱退すること。劇団球団などからぬけること。
※火の鳥(1949‐53)〈伊藤整〉五「言いわけはよし給え、退団するつもりでないなら稽古に出るんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「退団」の解説

たい‐だん【退団】

[名](スル)ある団体からぬけること。「球団を今季限りで退団する」⇔入団
[類語]脱退離脱退会退部脱会脱党離党離れる杯を返す辞める去る退しりぞ退抜ける引退する辞任する離任する手を引く身を退く骸骨を乞う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android