コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京極高典 きょうごく たかまさ

1件 の用語解説(京極高典の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

京極高典 きょうごく-たかまさ

1836-1906 幕末の大名。
天保(てんぽう)7年10月19日生まれ。京極高宝の次男。伯父京極高琢(たかてる)の養嗣子となり,安政6年讃岐(さぬき)(香川県)多度津(たどつ)藩主京極家6代。元治(げんじ)元年朝廷から日之御門警衛を命じられる。慶応4年高松藩征討の軍に参加。明治17年子爵。23年貴族院議員。明治39年1月14日死去。71歳。幼名は於菟之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の京極高典の言及

【研究会】より

…子爵議員を中心とする貴族院内最大の院内団体で,1891年11月に結成され,1947年3月の帝国議会の終幕まで存続した。結成当時の幹部は,伯爵大原重朝,子爵京極高典,同加納久宜,同山内豊誠,同鍋島直虎,同堀田正養で,1892年11月の第4議会開会当時には70名の議員を擁していた(侯爵1,伯爵6,子爵26,男爵10,勅選12,多額納税者15)。同会は92年7月に選挙母体として尚友会を組織したが,伯・子・男三爵議員の互選が完全連記制であったために,補欠選挙や総改選のたびに,この尚友会は威力を発揮した。…

※「京極高典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

京極高典の関連キーワード浅野慶熾酒井忠顕大田原富清京極高富酒井忠強内藤政恒丹羽氏中松平典則柳生俊順山内豊福

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone