京風(読み)キョウフウ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ふう〔キヤウ‐〕【京風】

京都の人の好み・やり方。「京風の味つけ」
洗練されて優雅なようす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうふう【京風】

都の風俗。京都の風俗。京様きようよう
みやびた風情。みやびたようす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐ふう キャウ‥【京風】

〘名〙
都の人の好みややり方。京様(きょうざま)
浮世草子・新色五巻書(1698)一「娘のお徳は、京風の投嶋田」
② みやびやかなさま。
※諺草(1699)幾「京風(キャウフウ) 俗に、物のみやびかなる事を京風と云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

京風の関連情報